アジアで学び、
世界の開拓者になろう。
中国と韓国の大学で長期的に学び、
世界のインフラを支える人になろう!
その実現を応援する
インフラ人材育成プログラム。
BecomeProfessionalFor the world
世界に羽ばたく
グローバル人材育成を目指します。

今、世界には、どれだけの道路や水環境、橋梁、鉄道、公園などといったインフラ整備が進んでいるのでしょうか?またその維持はどうのようになされているのでしょうか?人々が生きていく上で大切なインフラ整備は、その国の社会経済にも直結し、新しい時代へ進むごとに新しいインフラが求められます。
このプログラムは、アジアの中核を担う日本、中国、韓国の3つの大学が連携を組み、世界に存在感を持って貢献できるグローバル人材を育成していきます。

長崎大学学長 片峰茂
President's Message
大学院修士課程での[単位互換制度]+[ダブル・ディグリー制度]
※長崎大学は、中国・韓国の2つの大学とは「学術交流協定」及び「同協定に基づく学生交流に関する覚書」をすでに締結しており、お互いに入学料及び授業料を免除することができます。
Contentsoftheprogram
The purpose
事業の目的
実践的能力に優れた
インフラ技術者を目指す。
  1. 1インフラ整備とそれらの維持管理技術に関する
    専門知識・技能を身につけた人材育成
  2. 2個の技術に偏らずインフラ整備全般の
    必要知識を有するバランスのとれた人材育成
  3. 3グローバルに活躍できる高度専門職業人として
    必要な言語力(特に英語)を身に着けた人材
The merit
事業のメリット
単位の取得と教育の質保証
  1. 1単位互換制度の導入
  2. 2ダブル・ディグリー制度の構築
  3. 3大学院レベルの交流を推進
About studying abroad life
留学生活について
よりよいキャンパスライフをサポート