News

新着情報
2018.04.19

本日より平成30年度の交換留学にかかわる募集が始まりました!

平成30年度に予定しております「ダブル・ディグリー制度(以下DD制度と略記する。)留学」、「短期交換留学」及び「サマースクール参加」の募集がいよいよ本日より始まりました。対象者はそれぞれ工学研究科のM1、学部3年生及び4年生の学部学生さんであれば、どなたでも応募ができます。留学先は、中国の山東大学と韓国の成均館大学校から選択できます。最高の条件下で短期交換留学できるチャンスが与えられていますので、是非とも奮ってご応募ください。申込書の配布及び提出場所は、工学部事務室(総務班)の世界展開力強化事業担当(李or朱)までお願い致します。みなさんのご応募を心よりお待ちしております。


2018.04.12

社会環境デザイン工学コースにおいて留学説明会及び短期交換留学の発表会が開催されました。

平成30年4月12日、平成30年度の世界展開力強化事業の派遣プログラム(ダブル・ディグリー制度留学(以下DD)、短期交換留学及びサマースクール参加)について、工学研究科の社会環境デザインコースの学部3年生、4年生及び大学院1年生を対象に、留学説明会が開催されました。

本事業の担当責任者である夛田教授が事業の概要や昨年度に実施した派遣・受入の内容、さらに山東大学(中国)及び成均館大学校(韓国)で学べる専門分野等について説明して頂きました。さらに、平成29年度に両大学へ短期交換留学した大学院生2名が代表して、留学生活の詳細について報告をしてくれました。

また、社会環境デザイン工学コースの杉本先生が派遣先である両大学の概要、費用負担、募集期間などについて詳しく紹介しました。特に、昨年度と大きく異なる点は、平成30年度からDD制度に基づく派遣プログラムが加えられたところです。さる3月29日、長崎大学で開催された第2回インフラ人材育成コンソーシアム運営会議の席でダブルディグリー・プログラムに関する協定書の調印締結が行われた結果です。

説明会後に実施した学生を対象とした意向調査の結果に基づけば、多くの学生が留学に関心がありました。その中でもサマースクールに特に関心があるようでした。来週には工学研究科のその他コースの学生を対象に2回目の説明会を予定しており、他コースも含めた数多くの学生が留学してくれることを期待しております。


ARCHIVES