News

アーカイブ
2018.07.23

キャンパス・アジア 長崎大学「大学の世界展開力強化事業」第1回外部評価委員会が開催されました。

平成30年7月23日、キャンパス・アジア「大学の世界展開力強化事業」第1回外部評価委員会が長崎大学文教キャンパスにおいて開催されました。

本委員会のメンバーとしては、大学関連委員の土木構造分野(京都大学・名誉教授)、トンネル・地下構造物分野(山口大学大学院・教授)、水環境分野(京都大学防災研究所長・教授)、民間企業関連委員として建設会社(三井住友建設)及び建設コンサルタント(大日本コンサルタント)から各1名を選定し、委員に就任して頂きました。

第1回の会議では、清水康博研究科長から開会のご挨拶が述べられ、当該事業の総括担当者である夛田彰秀教授からこれまでの事業背景、進捗状況や現状及び今後の課題について、説明を行いました。外部評価委員からは、本事業への取組みに対して、極めて高い評価を受けるとともに、派遣日本人学生の確保や、インフラの維持管理に関わるカリキュラム内容の充実、事業経費の削減に伴う今後の事業継続等、様々な観点から忌憚のない意見を頂きました。長崎大学の国際的な取り組みが広く認知・評価されるとともに、日本と中国・韓国との間の互恵関係が適切かつ持続的に構築されることを願っております。

本事業では、活動内容の質的な向上を図っていくことを目的とし、平成30年度より外部評価委員会を設置しています。さらに、キャンパス・アジア事業に関わる「教育の質保証」を担保するために、今後は三大学による合同の外部評価委員会の開催も必要不可欠だと考えております。

今回の委員の方々方から頂戴した貴重なご意見を真摯に受け止め、今後も一層の事業推進に努めて行きたいと思っています。さらに、第1回外部評価委員会の報告書が完成次第、本ホームページにて公表する予定です。


2018.07.15

「キャンパス・アジア」モニタリング+等に関する山東大学との打合せを開催致しました。

平成30年7月15日(日)、「キャンパス・アジア」第1回モニタリング+に関する山東大学との打合せを行うため、長崎大学副学長(国際交流担当)の夛田彰秀教授と事務職員1名が山東大学青島キャンパスを訪問し、山東大学の関係者と会議を開催されました。

この会議では、主に今年度に日中韓の質保証機関が実施予定のモニタリング+に関する今後3大学の実施について意見交換を行いました。会議では、モニタリング+の実施に合わせ、三大学が既にそれぞれの政府機関から説明を受けていたとの確認がなされ、さらに、今後の資料作成に際しての基本的な考え方及び役割分担について詳しく議論されました。

長崎大学は今年度が本事業の実施3年目の年度に当たり、文部科学省の中間評価があり、7月13日に提出された中間評価書についても報告しました。その中に書かれたグッドプラクディスの事例が紹介され、それらの中にはモニタリング+自己評価書に転用できる箇所も多数あり、英語に翻訳の上、重要な参考資料として情報提供したい旨が提案されました。

さらに、長崎大学は7月23日に第1回外部評価委員会が開催されることを報告しました。一方、山東大学からは、キャンパス・アジア事業に関わる教育の質保証を担保するために、三大学による合同外部評価委員会の開催が提案されました。

会議の最後には、今後のスケジュールと役割を決め、三大学において自己評価書の作成に向け、しっかり対応していきたいと考えております。


ARCHIVES