Nagasaki University

長崎大学
Japan
Introduce Nagasaki University

長崎大学は1949年に、長崎医科大学および附属薬学専門部、長崎経済専門学校、長崎師範学校、長崎青年師範学校を包括して設置された国立大学です。現在では全9学部のうち6学部(教育学部、水産学部、工学部、薬学部、環境科学部、多文化社会学部)が文教キャンパスに。医学部、歯学部、長崎大学病院が坂本キャンパス、経済学部は片淵キャンパスという3ヶ所に各学部が設置されています。総生徒数約1万人、留学生は約500人。アジア系の留学生がほとんどを占めています。
本部がある文教地区へは、長崎中心部から北へ約4キロ。電車やバスで約30分と便利。周囲にはスーパーほか生活に必要な施設が充実しています。

Address
1-14 Bunkyo-machi Nagasaki City, Nagasaki 852-8521長崎県長崎市文教町1-14
History
1949
国立学校設置法の公布により、新制長崎大学を設置。5学部(医学部・経済学部・薬学部・学芸学部・水産学部)が発足。
1953
学芸学部が大村から長崎市大橋町(現 文教キャンパス)に移転。
1955
長崎大学本部が興善町から大橋町に移転。
1961
水産学部が佐世保から大橋町に移転。
1966
工学部を開設。学芸学部を教育学部に改称。
1979
歯学部を開設。
1997
環境科学部を開設。教養部廃止
2004
国立大学法人法により、国立大学法人へ移行。
2008
大学院国際健康開発研究科を設置。
2014
多文化社会学部を新設。
2015
医歯薬学総合研究科熱帯医学専攻と国際健康開発研究科国際健康開発専攻を統合し熱帯医学・グローバルヘルス研究科(修士課程)を設置。