News

新着情報
2017.09.29

「短期留学プログラム」が本格的に始動しました。

平成29年度の大学の世界展開力強化事業は9月よりいよいよ本格的に始動しました。9月4日と5日に中国・山東大学の留学生5名と韓国・成均館大学校の留学生5名が長崎に到着しました。また、長崎大学から派遣された学生4名も、山東大学及び成均館大学校に到着して留学生活をスタートさせています。

長崎大学では、10月からの本格的な授業開始に先立ち、9月に10名の留学生向けの特別プログラムを設けました。9月8日には、社会環境デザインコース長を務める大嶺教授がオリエンテーションを開催し、今後の長崎大学での授業スケジュールや指導教員、研究室への配属方法などについて紹介されました。さらに、本事業で雇用している中国および韓国の国際コーディネーターが、学生たちに、今後、日本において日常生活を送っていく上で、必要な手続きや注意事項などについて指導を行いました。

9月の特別プログラムでは、長崎大学工学研究科の化学・物質コースや構造工学コース等各分野の教授たちによる特別講義や、初級レベルの日本語学習に加え、スムーズに日本の生活に馴染んでもらうために、レクレーション授業も実施致しました。さらに、9月の下旬には工学部4年生の建設現場見学にも同行し、日本人学生たちとのコミュニケーションはもちろんのこと、日本のインフラ現場を見学することもできたようです。

特別プログラム終了後、留学生の全員を対象として、アンケートを実施致しました。その結果、概ね好評であったようです。「特別講義においては、普段自分が研究している内容と違った分野に触れることができ、とてもよかったです」、「さまざまな経験ができるチャンスでした。日本の文化や生活についてもたくさんのことが分かるようになり、海外での生活経験はとても役に立つと思います」、「現場の学習と日本のきれいな街づくりや風景も体験できて、本当によかったと思っています」などの回答がありました。我々としても、留学生たちが日本での日常生活や導入授業にいち早く慣れることができ、様々な懸念を低減することができたと実感しております。今後とも引き続き、留学生たちが有意義な留学生活を送れるよう、サポートしていきたいと思っております。












ARCHIVES